瀬谷のシホです。

実は、かれこれ妊活をはじめて1年が経とうとしています。

そろそろなにか反応があってもいいのかなと思うのですが、どうやら赤ちゃんが作りづらい体質みたいです。

まさか自分がそういうタイプだとは思いもしなかったです。不妊治療も考えなきゃいけないのかな、とも最近思ってます。なので最近、色々と不妊治療について調べてるんです。

だって不妊治療って言葉は知っててもなにをするのか全くわからない方多いいんじゃないですか?調べてみてわかったことを書いておきますね。

 

まず最初にに基礎体温を記録しながら、定期的に内診と血液検査を受けます。ここで卵巣と子宮の状態や、血中ホルモン値を調べたりします。

これによってホルモンバランスが乱れてないか、しっかり排卵しているか?が分かります。

ここで問題がなければ卵胞の状態を確認しながらタイミング法、という治療をしていきます。治療といっても、妊娠しやすいタイミングで性行為をするというものですね。

これを数回試して、妊娠しなければ次の治療に移るという感じです。

それが排卵誘発法というものです。排卵誘発剤と呼ばれる薬を飲んで排卵を促すわけですね。これでまた性行為を数回試すという訳です。クロミッドという薬が一般的なようです。よくわからないですが。

以上、がタイミング法なのですが、タイミング法でもダメな場合は、人工授精、体外受精と試していくみたいです。できればタイミング法の時点で妊娠したいですよね。

ちなみに不妊の原因はもちろん男性側にある場合もあるので、同時進行で、男性の精子検査や卵管検査などもするみたいですよ。

 

はじめまして、シホと言います。私は神奈川県横浜市の瀬谷区と言うところに住んでいます。小学校の頃から水泳を習っていて、高校まで強化選手でした。

あ、ジュニアオリンピックにも出たことあるんですよ〜。ただ、ずーっと練習漬けの毎日だったので、友達と遊べない日々が続いていました。そのストレスがピークに達したのが大学進学の時です。

某有名体育大学からスカウトの話があったんですが、「もう水泳したくない!友達と思いっきり遊びたい!」と思い、その話を蹴って、普通の大学に進学することを選んだんです。その結果、在学中は将来のことを何も考えずに毎日遊び放題(笑)就活もろくにせず、卒業後はアルバイトを転々としていました。

まぁ最終的に、お世話になっていたプール教室の先生として雇ってもらうことができたのですが、あの時、体育大に行ってたらどうなってただろうって、よく思い返します…。

今は、結婚をして、旦那と幸せな夫婦生活を送っていて、特に不満があるわけではないのですが、おそらく未練があるんだと思います…なんか人生って複雑ですね。まだ30手前なのにすごく老けたなって自分で思います(笑)

まぁ、過去を振り返っていてもどうしようもないので、明日を見ることにしますwそろそろ旦那とも子供欲しいねって話をしているので、私の、次の人生での大イベントは「妊娠」「出産」になるかと思います!早く孫を見たいって母からも言われているので、これから子作り頑張っていきます(笑)